大濠公園日本庭園茶会館

●所在地:福岡県福岡市 ●所有者:福岡県

 

 

 

 

濠公園内に広大な日本庭園が新しく築造され、その中心的施設として茶会館が計画された。建物は庭園内中央に広くひらいた池の北側に位置し、会館棟・立礼棟・茶室棟から成る。

館棟は、主座敷十畳・次の間・鞘の間・西の間と座敷を連ね、二方に入側を廻らし、苑池越しに築山の大滝を望める前庭に向かって開放している。これらの座敷は、茶会・催しの人数に応じて襖や障子を撤去することにより、適宜伸縮が可能となる。会館棟と矩折りに立礼席棟が続き、奥に茶室棟が連なる。茶室棟は、三畳半台目の小間・八畳の広間・水屋及び控えの間により一棟を形成しているため、ここだけで完全な茶事を行うことができる。

常時の入園者への呈茶席として使用される立礼棟と共に、何れも独立使用が可能である。また、各棟を連繋して大規模な茶会等の行事に使用することもできる。

観は、広大な座敷を主体とする会館棟から立礼棟、さらに草庵風茶室へと異なる様式を連ね、全体的に穏やかな姿にまとめられ、庭園との調和を深めている。

 

竣工年 昭和59

施工者 株式会社 池田繁工務店

(協力)中村外二工務店 株式会社 安井杢工務店

 

 

 

 

 

池を隔てて茶会館を望む

 

 

 

 

 

 

Button Button Button