一般財団法人 京都伝統建築技術協会

 

 

 

 

 

 

理事長よりご挨拶

 

京都伝統建築技術協会のホームページへようこそ。

 

伝統的木造建築における日本の建築を高めた工匠の技は、世界に誇りうる日本の文化遺産です。

それが日本人の自然との共生をささえ、ゆたかな文化の創造の母体となりました。日本文化は「木の文化」でもあります。

そのような技や文化は、千二百年の京都の歴史の中で、育まれ磨かれつつ継承発展を遂げてきました。

そのような技術を、私たちの時代に枯渇させないまでも、衰弱させることは絶対に許されないことです。

 この技術の伝統の継承発展を通じて、自然との共生にささえられた、より人間的な生活と、世界人類に貢献できるさらにゆたかな文化の創造への途を、ひらいてゆかねばなりません。

京都伝統建築技術協会は昭和55年設立以来、そうした理想を抱きながら、ほんものの日本の建築をつくるためにひたすら歩みを続けてまいりました。

20周年を迎えるにあたり、このホームページを開きます。

 

京都伝統建築技術協会 理事長

京都工芸繊維大学名誉教授 

中村昌生

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T O P へ